« OSAKAきっずなー | トップページ | 第13回ザ・まつり »

2009年9月26日 (土)

たじりドキドキ広場

たじりドキドキ広場
たじりドキドキ広場
今日も小学校に来ました。面白いことを発見したので報告します。先ずは、遊び方が2学期から変わったことです。以前は高学年が手打ち野球など、身体を動かす遊びに熱中し、低学年は教室でオセロやジェンガ、こままわしといった遊びをしていました。それが交代したのです。高学年がカードゲームに変わり、低学年が運動場で手打ち野球になりました。いつの間にか遊び方が変わったのです。それともう1つ、5月から続けているボランティアは女の子が主導です。大人世界でも、同じような傾向があります。男性は自分の力が発揮される場合にボランティアを率先します。誰でも出来ることには興味を示さないのです。これは今後の参考になるかもしれないと思いました。

|

« OSAKAきっずなー | トップページ | 第13回ザ・まつり »

コメント

そうなんでしょうか?
誰でもできる事に興味を湿さない。力を発揮できる事に率先するのには男女差はあるんでしょうか?
なんだかなぁ・・・(;_;)

投稿: えせキョンキョン | 2009年9月28日 (月) 22時55分

えせキョンキョンさんへ

例外があるにせよ、この差は事実だと思います。
ジェンダーフリーの問題も、この辺の解釈が重要です。男女差がある事実を、無理やり平等や共同参画という言葉で揃えるのではなく、差を認めながら役割を分担すればいいのです。
だから今回を例にとるなら、男の子達には一輪車の修理を頼むとかを考えればいい訳です。

投稿: エコッペ君 | 2009年9月29日 (火) 15時47分

そういう意味ならよ~く解ります!
体力だけをとっても男女差は有って当たり前ですものね。お互いに認めてそれぞれの力を発揮できれば一番ですね。

投稿: えせキョンキョン | 2009年9月29日 (火) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たじりドキドキ広場:

« OSAKAきっずなー | トップページ | 第13回ザ・まつり »