« 羽田空港の国際ターミナル | トップページ | 20万円分のお買い物 »

2010年10月28日 (木)

大阪府南部地区議長会の研修会

大阪府南部地区議長会の研修会
議長会主催の研修会では久しぶりに面白かった内容でした。講師先生は、中部大学総合工学研究所の武田邦彦教授です。たかじんのそこまで言って委員会や、明石家さんまのホンマでっかTVでお馴染みの先生です。テーマは「環境の未来と科学」です。ダイオキシンは無毒だ、石油はあと8000年分は残っている、温暖化で南極の氷は増える、などのお話しでした。各議員先生は、今の政策に逆行している話しで、戸惑いと疑心暗鬼で混乱していました。しかし武田先生の確かな理論的説明で、一応の納得は出来て帰っていったと思います。いずれにしても、環境を言う前に企業の経済を潤わし、町を元気にすることだと締めくくりました。エコッペ君も同感です。

|

« 羽田空港の国際ターミナル | トップページ | 20万円分のお買い物 »

コメント

今の民は、お金の使い方を知らないと言うか、お金は貯める物と思ってるのです。

お金を使わなければ、活性化しないのに。
景気悪い景気悪いと言ってる人ほど、お金を使わず貯めたがる。

年をとってホームへの入居の為に、お金を貯めているのであれば、なんとも切ない気分になりますな。

もっと元気な内にお金は使わな。
死ぬ間際にお金を使うって、なんか勿体無いな~~~。


投稿: エイリアンボーイ | 2010年10月28日 (木) 20時55分

エイリアンボーイさんへ

そうですよね!
お金は使うためにあるのですから。

投稿: エコッペ君 | 2010年10月28日 (木) 22時00分

10月28日のコメントに意義あり!

お金は使わないと景気・経済なんかが良くならならないぐらいは皆は分かっていると思います。
定年迄一生懸命働いて何とかマイホームを持ち子供を大学まで行かせれば貯蓄もあまりできません。かといって年金だけではとてもじゃないけどやっていけません。それにその年令になればよほどラッキーな人でないと就職先もありません。少ない年金からも税金を取られます。年も取ってきたら身体にガタが来て病院通いをしてる人も多いでしょう。
それでどう生活していけると思いますか?生活が苦しいからといって国が何とかしてくれますか?
そこそこいい生活してる人には解らないのでしょうか…。
年を取っても自力で生きていける様に今から我慢できるところは我慢をしながら少しずつでもお金を貯めてるんです。
そういう風にもっていったのは国又はお金に苦労した事ない馬鹿な政治家ではないでしょうか?
少子化も同じ事です。生活出来ないから子供が産めないのです。
違いますか?

投稿: ひねくれ者 | 2010年10月31日 (日) 01時09分

ひねくれ者さんへ

それはそれで一理ありますね!
目的があって、我慢するのは大賛成です。
しかし、漠然とした不安感だけでお金を使わないのは政治の失敗ですよね。

投稿: エコッペ君 | 2010年10月31日 (日) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府南部地区議長会の研修会:

« 羽田空港の国際ターミナル | トップページ | 20万円分のお買い物 »