« コミュニティ・スクール | トップページ | 大阪府南部地区議長会の研修会 »

2010年10月27日 (水)

羽田空港の国際ターミナル

羽田空港の国際ターミナル
羽田空港の国際ターミナル
朝から文部科学省で、生涯学習政策局の上月正博政策課長からレクチャーを受けました。昨日に続いてコミュニティ・スクールや「新しい公共」型学校創造事業の説明です。色々なシステムを構築しても、人と人がコミュニケーション(話し合い)をしなければ進まないということです。その話し合いの方法として「熟議」という、KJ法に似たワークショップが効果的だと言います。一度勉強して、田尻でもやってみたいと思います。その後はモノレールに乗り、羽田空港の新国際ターミナルの見学をしました。オープンしたばかりで、たくさんの人々で溢れかえっていました。エコッペ君はJCで、中部国際空港のセントレアを見学したことを思い出しました。関空もオープン時は凄い賑わいだったと記憶しています。しかし羽田に比べて、関空はターミナルの使い勝手では負けていません。関空のポテンシャルは高いのです。やはり、伊丹空港の在り方をもっと考えないといけません。この問題こそ政治力に左右されると思います。

|

« コミュニティ・スクール | トップページ | 大阪府南部地区議長会の研修会 »

コメント

関空作るには伊丹廃止が前提でしたね。 だいたい伊丹はパイロット泣かせでしかも危険な空港です。その空港が存続がよくわかんないです。 黒字空港とか赤字だとか関係なく もっとよく考えないと 大変な事になっちゃうよ!

投稿: かん君 | 2010年10月27日 (水) 19時40分

かん君さんへ

その通りです!
まずは安全第一ですね!

投稿: エコッペ君 | 2010年10月27日 (水) 20時13分

羽田を大きくしたのには中国や韓国の観光客を取り込む目的も大きかったと聞きます。
だったら、関空の方が近いのに・・・
政治、会社など、どんなことでも東京一極化を避けよう、という風潮の中でまだ東京に集中させようとしてるんでしょうかねえ。
それこそバブルや風船は“ちょうどええ”を超えるとパンクなんですけどね。
国土交通大臣、政務官・・・どちらも関西の人だったような気がしますが、東京が好きなのかなあ。

投稿: アニキ | 2010年10月29日 (金) 09時57分

アニキさんへ

「バブルや風船は“ちょうどええ”を超えるとパンク」は名言です。国交省に陳情に行きましょ!

投稿: エコッペ君 | 2010年10月29日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港の国際ターミナル:

« コミュニティ・スクール | トップページ | 大阪府南部地区議長会の研修会 »