« 南相馬市の仮設住宅状況 | トップページ | 協力会会員バッチ »

2018年2月14日 (水)

南相馬市の現場

南相馬市の現場
南相馬市の現場
今日は朝から南相馬市観光ボランティアさんの案内で、震災の爪跡を回りながら説明を受けました。地震で野球場に避難人たちは、スタンドに逃げた人々が津波で流され、バックネットの鉄塔によじ登った2人だけが助かったお話。やはり語り部さんも原発被害が複雑にしていると教えてくれました。昼からは南相馬市社会福祉協議会で、被災者支援の実状を説明して戴きました。田尻町からこの社協に就職した矢嶋大和君も同席し、孤独死防止の取り組みやペット理解のための交流イベントも教えて戴きました。住民に寄り添う社協の役割は大きいとの広瀬常務理事の言葉に、公の行政と民の社協の連携協動が不可欠と感じました。このご縁を戴きました矢嶋大和君に感謝申し上げます。

|

« 南相馬市の仮設住宅状況 | トップページ | 協力会会員バッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南相馬市の仮設住宅状況 | トップページ | 協力会会員バッチ »